21年10月:シフト制社員につき、シフトを大幅削減できるか?:使用者側弁護士の労働法メルマガ

今回のメルマガ【2021年10月号】目次

1 TIT メルマガ動画解説:No.17:2021年10月号

(労務×シフト制社員×シフト削減×違法)
シフト制社員につき、シフトを大幅削減できるか?
-大幅削減は、無効の可能性あり。では、企業は、どうすべきか-


動画(無料)に、興味のある使用者側の方々は、⇊⇊⇊をご参照下さい。


★<メルマガ10月号動画解説No.17(全3回のうちの第1回)のyoutubeは、こちら>
メルマガ10月号特典動画(①全3回及び②田村の私見を述べた回)のNo.17の申し込みフォームはこちら>

・上記YouTubeの続きを、「すぐに」視聴したい方 ・田村の私見に興味のある方
は、

→チャンネル登録してから、お申込み下さい。

https://www.youtube.com/channel/UCpiFZUXrv6RdxMnq1tAKGUQ?sub_confirmation=1



→上記の、チャンネル登録完了後に、下記にて、お申込み下さい。

★使用者側の限定動画です(労働者側の方々は、視聴不可です)

動画の視聴には、当事務所のYouTubeチャンネルのチャンネル登録が必要です。チャンネル登録いただけていない場合、視聴はできません


→チャンネル登録は、こちら

https://www.youtube.com/channel/UCpiFZUXrv6RdxMnq1tAKGUQ?sub_confirmation=1


※YouTubeでの、チャンネル登録の方法がご不明の場合や、普段、YouTubeを利用されない場合、「ご友人1名」を、当事務所のメルマガ読者として紹介下さい。ご紹介がありましたら、ご視聴いただくことは、可能です。
(YouTubeの、チャンネル登録の方法について、当事務所へのお問い合わせは、対応できかねますので、ご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます)


(視聴期限は、2021年11月末(無料)です。期限経過後の視聴にご興味のある方は、rt@tamura-law.comまで、お問い合わせ下さい)


★本メルマガは、当事務所所属の弁護士の(使用者側からの)私見を示したものです。そのため、個別具体的な事実が異なれば、結論は異なります。そのため、個別案件については、事前に外部専門家(弁護士や社労士など)に相談して、当該専門家の助言に従って対応して下さい。  本メルマガの内容に基づいて行動した結果、何等かの損害・損失が発生したとしても、一切賠償等には応じかねますので、あらかじめご了承下さい。

        ↓↓さらに詳しいコメントについて、ご興味のある方は、こちら↓↓

過去のメルマガ

過去のメルマガ:
2021年 9月号は、こちら
2021年 8月号は、こちら
2021年 7月号は、こちら
2021年 5月号は、こちら
2021年 4月号は、こちら
2021年 3月号は、こちら
2021年 2月号は、こちら
2021年 1月号は、こちら
2020年 12月号は、こちら
2020年 11月号は、こちら
2020年 10月号は、こちら
2020年 10月号号外②は、こちら
2020年 9月号は、こちら
2020年 8月号は、こちら
2020年 7月号は、こちら
2020年 5月号は、こちら
2019年 11月号は、こちら
2019年 4月号は、こちら
2019年 2月号は、こちら
2018年 12月号は、こちら
2018年 9月号は、こちら
2018年 8月号は、こちら
2018年 7月号は、こちら
2018年 6月号は、こちら
2018年 5月号は、こちら
2018年 4月号は、こちら
過去のメルマガ目次一覧はこちら
Page Top
Page Top