自主セミナー情報

<開催終了>第3回:「緊急開催!同一労働同一賃金の最高裁判例解説セミナー」

皆様

 

「緊急開催!同一労働同一賃金の最高裁判例解説セミナー」に参加ご希望の場合、10月22日(木)までに、下記フォームよりお申し込みください。

※申込フォームは全てご回答ください(8項目)

①申込フォーム送信後、画面上に「申込内容の送信が完了いたしました。」とメッセージが表示されますのでご確認ください。メッセージの表示をもって、申込完了とさせていただきます。

②上記のメッセージが画面上に表示されない場合、送信できていません。

③当事務所より申込完了の旨のメールはお送りしておりませんので、ご了承ください。


♯受講可能な方に対して、受講用URLを既に送付しております。

受講用URLがまだ届いていない方は、ご連絡いただけますと幸いです。

【連絡先】03-6272-5923


★メルマガ読者でない方でも、ご参加いただけます。
★ただ、お申し込み後は、メルマガ読者(無料)、に自動登録されます。配信停止は、いつでも、可能です。
★なお、ご参加につきましては、社労士、経営者、人事・法務ご担当者、総務経理ご担当者、保険会社ご担当者など、使用者側の方々に限ります。

セミナーレジュメはこちら

①レジュメ

②別紙


<セミナー詳細>

日時:10月23日(金) 14時30分~16時30分

方法:Zoom(オンラインセミナー)

料金:5,000円(顧問先様:無料)

テーマ:緊急開催!同一労働同一賃金の最高裁判例解説セミナー

講師

弁護士 田村裕一郎

弁護士 飯島潤

弁護士 黒田雄太

 

<疑問点などの窓口>

担当秘書:髙橋

メールアドレス:rt@tamura-law.com


★「興味はあるけど、本当に、5,000円の価値があるのか?」という疑問をお持ちの方々もいらっしゃるかと存じます。

そこで、9月10日に行った第2回自主開催セミナー「ウィズコロナ時代の労働トラブル予防策」の録画を配信します。ご興味のある方は、ぜひご覧いただけますと幸いです。

詳しくは、こちら。

★同一労働同一賃金の最高裁判例(10月13日)へのコメント①はこちらです。

★同一労働同一賃金の最高裁判例(10月15日)へのコメント②はこちらです。



セミナー参加者の感想

詳細はこちら。

<開催終了>第2回:「ウィズコロナ時代の労働トラブル予防策」セミナー(2020年9月10日)

社会保険労務士の皆様


自主セミナーに参加ご希望の場合、8月31日(月)までに、下記フォームよりお申し込みください。
※申込フォームは全てご回答ください(5項目)
※送信後、送信完了のメッセージが出ますのでご確認ください
♯「送信完了メッセージ」が出ない場合、送信できていません。
♯受講可能な方に限り、「zoomに関するメール」をお送りします。

<疑問点などの窓口>
担当秘書:髙橋
メールアドレス:rt@tamura-law.com

<セミナー詳細>

日時:9月10日(木) 14時~16時
方法:Zoom(オンラインセミナー)
料金:無料

【テーマ】
ウィズコロナ時代の労働トラブル予防策

【対象】
社会保険労務士<メルマガ読者限定>

【定員】
30名
50名
★定員に達したため、変更いたしました

【進行】
第1 ご挨拶
弁護士 田村裕一郎:10分

第2 ★賃下げ
弁護士 井上紗和子:35分

(休憩)

第3 ★整理解雇
弁護士 飯島潤:35分

第4 ★安全配慮義務
弁護士 田村裕一郎:20分


セミナー参加者の感想
詳細はこちら。

<開催終了>第1回:自主セミナー情報(2018年)

タイトル:
「緊急開催!ハマキョウレックス、長澤運輸事件の社労士業務に与える影響」

<内容説明>
ハマキョウレックス事件、長澤運輸事件の最高裁判決が、6月1日に言い渡されました。この最高裁判決により、社労士業務に大きな影響があります。具体的には、

1 社労士先生の顧問先に対する「賃金規程」の改定提案
2 上記1に伴う、「就業規則」の改定提案
3 社労士先生の顧問先に対する「定年後再雇用規程」の改定提案

です。
最高裁判決により、企業は、今後、正社員の「手当」の一部を廃止し、基本給及び賞与に一本化することが予想されます。資金に余裕のある企業の場合、有期契約社員に対し、「手当」を付与するかもしれませんが、それでも、どの手当について、どの程度の金額の手当を付与するのか、判断に悩むと思われます。
そうすると、社労士先生としては、今後、

A 「新しい」賃金規程、就業規則、定年後再雇用規程の提案、
B 上記の内容を合理的に説明する資料の提案、
C 上記Aの変更を実現するための不利益変更禁止の原則への対応策、

を顧問先に提供していくことが、充実したサービス提供(=労務リスク対応)になると思います。
本セミナーでは、使用者側労働法弁護士の田村裕一郎が、上記最高裁判決を踏まえ、今後、社労士先生がどのような点に留意して、業務を行うべきか、をお話しします。


----------☆セミナー情報☆--------------------------------------------

1.タイトル
「緊急開催!ハマキョウレックス、長澤運輸事件の社労士業務に与える影響」

2.日程
 満員御礼  日時:平成30年7月23日(月) 13:30~16:30
        (受付13:00~)=受付終了=


 満員御礼  日時:平成30年7月24日(火) 13:30~16:30
        (受付13:00~)=受付終了=

 満員御礼   日時:平成30年7月17日(火) 13:30~16:30
        (受付13:00~)=受付終了=

3.会場その他
ちよだプラットフォームスクウェア(本館) ミーティングルーム002
(東京都千代田区神田錦町3-21)地図:http://www.yamori.jp/access/

講師: 多湖・岩田・田村法律事務所 弁護士 田村裕一郎

参加費用:メルマガ読者様は、1,000円(税込)、一般の社労士先生は、5,000円(税込)となります。いずれも、1名様についての料金です。また、振込手数料は社労士先生のご負担となります。

(1)メルマガ登録(無料)はこちら。

(2)メルマガ登録(無料)後のお申し込みも可能です。
※メルマガをご登録されてからのお申し込みの方が、お得に参加することができます。メルマガ(無料)解約は、いつでも可能です。

定員:30名(定員になり次第、締め切らせていただきます。)。社労士限定。10名以下の場合、ゼミ形式とし、個別にご質問を受ける形式にしたいと考えています。

お申込み方法 :メール又はFAX(03-6261-2023)にてお申し込みください。(お申し込みはご入金で確定いたします。恐れ入りますが、ご入金前の段階で定員に達することがありますので、ご容赦ください。)
下記項目をご記入の上、お申し込みください。
ご参加者様の、1 貴社名、2 氏名、3 役職、4 Eメールアドレス、5 本セミナーを知ることになったきっかけ(例1:メルマガを読んで興味を持ったから、例2:友人から勧められたから、など)、6 ★23日と、24日のいずれを希望するか
申込を頂戴した後、振込先口座をご連絡致します。

キャンセル:お振込み後のキャンセルは、恐れ入りますが、返金致しません。当日配布資料をPDFにてメール送信致します。

備考:恐れ入りますが、会場内での録音、配布した資料の複製・頒布は禁止させていただきます。

セミナー参加者の感想
詳細はこちら。

プロフィール

多湖・岩田・田村法律事務所
経営労務部門リーダー
田村裕一郎
弁護士・ニューヨーク州弁護士
第一東京弁護士会

お気軽にご相談ください

お問い合わせ先:
・電話番号
☎03-6272-5922
☎03-6272-5923
☎03-6261-2021
(受付時間:9:00~21:00) 
・メールアドレス
・お問い合わせフォームから

アクセス

所在地

〒102-0083
東京都千代田区麹町4-3-4 宮ビル5B

アクセス方法

有楽町線 麹町駅 
2番出口から徒歩1分

半蔵門線 半蔵門駅 
1番出口から徒歩5分

有楽町線・半蔵門線・南北線 
永田町駅9b 出口から徒歩7分
Page Top
Page Top